大阪市の耳鼻科 城東区にある耳鼻科・耳鼻咽喉科の松谷クリニック。専用駐車場があります。

MENU

医療法人潤優会 松谷クリニック

みみ・はな・のど・かぜ 耳鼻咽喉科・麻酔科

診療受付時間
アクセスマップはこちら

TEL:06-6789-3366

受付時間 8:45~12:30/
15:45〜19:30
WEB予約時間 9:00~12:00 /
16:00~19:00
WEB予約はこちら

予約専用電話番号 050-5577-6913

診療受付時間
アクセスマップはこちら
よくあるご質問

低年齢化しています、花粉症!!

2016年02月17日 17:53 カテゴリ: スタッフブログ

皆さんは花粉症が低年齢化してきていることをご存知でしょうか?
小中学生を対象に行われた調査では、スギ花粉症の有病率が13%から29%に増加しています。
1998年と2008年のスギ花粉症の有病率を比較すると5~9歳では7.5%から13%とほぼ倍増しています。

お子さんの「咳や鼻づまりによるいびき」、「目や鼻をこすることによる皮膚の赤みや鼻出血」、「鼻をすする、眼鼻をこする、瞬目が増える、口呼吸をしてる」などの症状が当てはまる場合、花粉症の可能性もありますので、一度ご相談ください。

へっくしょん

インフルエンザ・アデノウイルスが流行ってきています

2015年12月09日 15:36 カテゴリ: スタッフブログ

こんにちは!皆様体調はいかがでしょうか。

ここ最近、インフルエンザ・アデノウイルス感染症が流行ってきています。

★アデノウイルスの代表的な症状

・喉の腫れ、痛み

・目やに、目の充血

・38度~40度近い高熱

 

★インフルエンザの代表的な症状

・38度以上の高熱

・関節痛、筋肉痛、頭痛

・全身倦怠感、食欲不振

 

疑わしい症状があれば、医師の判断で検査をおすすめします。

上記2つとも、感染力がとても強いウイルスですので、うがいや手洗い、マスクの着用など最低限の予防を心がけましょう。

 

健康情報 ~クーラー病とは~

2015年07月22日 19:35 カテゴリ: スタッフブログ

みなさんこんにちわ。 放出駅から徒歩3分、大阪市城東区にある松谷クリニック(耳鼻咽喉科)です。梅雨も明けとうとう夏がやってきました。この暑い中クーラーなしでは過ごせませんよね?しかし、体を冷やしすぎると「クーラー病」を引き起こしてしまう事があります。

●クーラー病の主な症状

身体の冷え、倦怠感、食欲不振、頭痛、腹痛、下痢、神経痛、生理不順など

●クーラー病の原因

温度を低くしすぎたり、冷風を体に直接受けたり、暑い屋外と冷房の効いた部屋といった温度差の激しいところの出入りを繰り返すことによって、自律神経の失調が起こり、体の不調の原因となります。お年寄りや乳幼児は体温調節が苦手ですので、特に注意が必要です。

●クーラー病を予防するには

・クーラーの温度は27度前後に設定

・冷風を体に直接当てない

・血行を良くする

・赤ちゃんは高い場所に寝かせる(冷気が下に溜まりやすい為)

 

暑さを我慢しすぎると、熱中症になる可能性もあるのでクーラーの使用はおすすめしますが、ただし体をあまり冷やしすぎないよう注意しましょう。

 

 

この夏、飛行機には乗られませんか?~夏期休診のお知らせ~

2015年07月14日 10:26 カテゴリ: スタッフブログ

みなさんこんにちわ。

放出駅から徒歩3分、大阪市城東区にある松谷クリニック(耳鼻咽喉科)です。

台風が3つも発生し、このブログを書いているさなかにも

すでにもう1つ発生と今年は台風の当たり年のようです。

被害がないようにと思いながら、まずはこの急激な暑さにどう身体を慣らしていくかと

スタッフ一同頭を悩ませています。

 

さて当院では8月13日(木)~20日(木)まで

夏期休診とさせていただきますが

毎年この時期になると出会う光景があります。

先生「あ~急性中耳炎ですね・・・、耳真っ赤やもんね、これは痛いよ。」

お母さん「先生、週末から旅行で飛行機に乗るんです!!」

先生「飛行機かぁ、この耳の状態では・・・・・」

お母さん「先生・・・(T0T)」

先生「(苦笑い)困りましたね・・・」

 

夏休みに入って生活のリズムが崩れたり、毎日楽しい事がいっぱいあったり、

汗をかいたままひんやりしたお部屋で身体を冷やしてしまったり・・・・

他にも体調を崩しやすい状態になる場面が多くなります。

昔、知り合いのお医者様が

「病気を憎んで息子を憎まず」とおっしゃったことがありました。

楽しみにしておられた家族旅行が、息子さんの感染症にょって

流れた時の事でしたが

私もよく娘に「もーなんでーーーー!!?」と言ってしまっていたことと共に

今でもよくこの言葉を思い出します。

誰も病気になりたくてなるのではないですもんね。

急に熱が出た!身体にポツポツが!!耳が痛い???

症状に気づいたのが旅行直前であったり、

クリニックの休診日前であったりすると大変です。

ぜひ大切なご予定がある前は、少しだけお子さんの体力や体調を

良く見ていただき、うまく調整をして差し上げて下さい。

 

 

 

また時間の長い短いにかかわらず、フライトを控えておられる

月齢の低いお子さんや、

大人の方でも耳の疾患で通っておられる方、

「耳大丈夫かな?」と思われる方は是非「飛行機に乗るんです」と

診察室でお気軽にお声をかけて下さい。

機内での過ごし方や注意点等、何かお役にたてる情報があるかもしれません。

場合によってはお出かけ先や帰省先の医療機関様に継続してかかっていただく事を

ご提案する場合もあります。

(マリンスポーツに興じられる方もご相談下さい)

実際、診察室の外で「週末飛行機に乗るんですよね~、

子どもの中耳炎大丈夫かな?」と

つぶやかれた保護者の方の言葉がきっかけで

先生からのアドバイスをお伝えしたこともありました。

楽しい夏を過ごしていただけるよう、

クリニックでも精いっぱい診療に当たらせていただきます。

こんなこと聞いてもいいかな?というような事も

遠慮なくどんどんおっしゃってください。

今年はお母さん方のため息が少しでも少なく済みますように・・・・・。

 

生魂神社

写真は所用で訪れた大阪市内で偶然出会った生國魂まつりの渡御の様子です。

毎年行ってみたいと思いながら一度も訪れた事がなかったのに、

こんなタイミングで出会うなんて!!

暑いさなかでしたがお稚児さんも頑張っていました。

なんだか呼ばれたような気がするので

この夏の間にお詣りしてこようと思っています。(橋中)

 

 

 

 

 

 

 

梅雨の晴れ間に ~万博のあじさい祭~

2015年06月29日 10:57 カテゴリ: スタッフブログ

みなさんこんにちわ。

放出駅から徒歩3分、大阪市城東区にある松谷クリニック(耳鼻咽喉科)です。

日本各地で梅雨らしからぬ大雨をもたらしている今年の天気ですが

ちょっとした晴れ間を利用し、吹田市の万博公園に行ってきました。

今はあじさい祭がおこなわれていてきれいでしたよ。

フェイスブックにはよく見かけるアジサイの写真をアップしていますが、がくアジサイも趣がありますね。

あじさい本文用あじさい河原

幸い歩いて10分というところに住んでいるので徒歩で向かいましたが

園内には虫取りをする親子、シートを敷いて寝ている人

ウォーキングやランニングをする人

大学生のグループ、大人数のママ友とちびっこギャング

アマチュアカメラマン・・・・

様々な人がたくさんおられいます。

でもお昼から行っても「出遅れた感」もなくちゃんと場所が確保できて満喫する事ができます。

あじさい万博(園内からなのに「太陽の塔」もこんなに小さい!いかに敷地が広いかお分かりいただけますか)

もうすぐ「エキスポシティ」ができて、たくさんの人が来られると思いますので今のうちがお勧めですよ!!

ただし、水分は(園内でも売店があります)しっかり補給なさってください。

「のどが渇いたな」と思ってからでは遅いという話は有名ですよね。

 

*さて、園内に貼り出してあった催しのポスターに気になるものが・・・・

 

あじさいスライム?こういうキャラクターがゲームにありませんでしたでしょうか??

「絣(かすり)の美」という日本古来の絣模様の展示会ですが「●●が攻撃を受けた!!」という感じの・・・・

気の利いたお店や施設はありませんがそこを訪れる自分たちが工夫をすればどんどん面白くなってきます。

「楽しい状況を与えられる」のではなく「自分たちで楽しく工夫する」という醍醐味を味わってきました。

「ホタルの光」が流れる中、太陽の塔を見上げながらゲートに向かう途中セミの鳴き声まできいて

すっかり夏の気分です。(橋中)

 

 

 

 

 

研修生が来ています ~私たちにも学びがあります~

2015年06月24日 10:47 カテゴリ: スタッフブログ

みなさんこんにちわ。

放出駅から徒歩3分、大阪市城東区にある松谷クリニック(耳鼻咽喉科)です。

今、クリニックには学生さんが研修で来ています。

「あの人新しいスタッフかな??」と気が付かれた方もおられるかもしれません。

 

学校様の方からは

「ご指導をお願いします」と言われるのですが

決して指導する事ばかりではありません、私たちにとっても貴重な学びの期間です。

特に今回1人の学生さんは副鼻腔炎を患っていました。

毎回、患者様のおられない時間を使って先生が学生さんに処置の体験をさせて下さるのですが

そこで判明しました。

自分の症状が次々と言い当てられ、病名を告げられ、びっくりしたことと

「耳鼻科の処置が苦手なんです・・・・」と病院から足が遠のいている理由を教えてくれました。

H27.6巽さんH27.6辻さん

これが患者様のホンネでもあるのだなあ・・・と改めて実感しました。

研修期間中、吸入などの処置をしてもらおうと思っていますが、

声をかけるとちょっとおよび腰になる彼女をどうやって積極的に治療に向かわせようかと考えています。

また、指導をするスタッフについても変化が・・・・。

一番の妹分だったスタッフが思わぬ「先輩力」を発揮してくれたりして新たな一面を見る事ができました。

 

学校様から信頼していただき、大切な学生さんをお預かりさせていただけることは本当に光栄です。

同時に私達も成長をする機会を与えてもらっているので、是非この学びを活かして患者様への対応に

活かしていきたいと思います。(橋中)

 

学生さんが処置体験をしている時のスタッフの表情も何とも言えない感じでしたのでこそっと・・・・

H27.6研修風景(やってるやってる・・・)

H27.6研修風景2(ええ(にやり)・・・・)

 

 

設立記念パーティがありました

2015年06月22日 10:15 カテゴリ: スタッフブログ

みなさんこんにちわ。

放出駅から徒歩3分、大阪市城東区にある松谷クリニック(耳鼻咽喉科)です。

6/20(土)は、毎年行われる法人の設立周年記念パーティがありました。

院長先生の計らいでいつも素敵なホテルにご招待いただくのですが

今年は隠れ家的な雰囲気がわくわくする「堂島ホテル」で・・・・。

H27年8周年6H27年8周年7

四ツ橋筋のオフィス街を歩いてシュッと建物の中に入るともう異空間です。

パーティでは恒例の豪華景品争奪ゲームや、千里中央にある分院(千里中央ENTクリニック)

に新しく着任された院長先生のご紹介等、楽しい時間を過ごしました。

また、これも恒例のドリームプランプレゼンテーションのDVD上映があり、

夢に向かっていく人たちの熱い思いに触れ、ちょっぴり涙も流したりしました。

 

私達は医療機関に勤めています。

病気にショックを受ける方を見る事もあります。

治療の過程で通院を止めてしまいそうな方(それはなぜなのか?「来てくださいね」だけでいいのか?)に気が付く

アンテナも必要です。

治りましたね!頑張りましたね!という場に立ち会えることもあります。

「今どういうお気持ちなのだろう」

「何か伝えてあげたいな」

そんな気持ちが芽生えた時、迷わず行動が起こせるように常に心のエンジンを温めておきたいと思っています。

そのためにもたくさんのいいお話しに触れ、気持ちを豊かにしてほしい・・・・

そういう先生の思いが毎年スタッフの涙で伝わっている事を実感し、その光景に涙するのでした(笑)

最近、涙腺がゆるくて仕方ありませんのでこういう時は本当に困ります。

 

H27年8周年8(堂島ホテルロール、絶品ですよ!!!)

今日は夏至です。

まだまだ梅雨らしさも安定せず、ちゃんと夏が来るのか若干心配ではありますが

そんな不安定な気候の為か体調を崩されている方が多いように思います。

感染症もアデノや溶連菌、胃腸炎・・・と様々なものが流行し始めている様ですので

手洗いやうがいをしっかりして二次感染を予防してくださいね。(橋中)

 

 

アデノウイルス感染症が流行っています ~プール熱だからプールにはいってなかったらOK?~

2015年06月15日 17:17 カテゴリ: スタッフブログ

みなさんこんにちわ。

放出駅から徒歩3分、大阪市城東区にある松谷クリニック(耳鼻咽喉科)です。

ヘルパンギーナ、手足口病と並んで「三大夏風邪」と言われるプール熱。

正式名称は「咽頭結膜熱」と言ってアデノウイルスから引き起こされる感染症の一種です。

これらのアデノウイルス感染症は毎年6月頃から流行しはじめ、7~8月にピークを迎えることが多いとされています。

「そういえば最近周りで「アデノウイルス」って良く聞くなあ」と思われている方も多いのではないでしょうか。

子どもの病気というイメージがありますが、実は大人の方も要注意ですよ。

少し長くなりますがお付き合いくださいね。

***

☆アデノウイルスは感染力がとても強いウイルスです

潜伏期間は数日から約10日。

突然38度以上の高熱や、のどの痛み、目の充血といった症状が現れます。

その多くは4~5日程度で症状が治まるとされていますが、お子さんについては症状がおさまってから2日を経過するまで

通園や登校が禁止されています。(念のためご確認くださいね)

 

☆アデノウイルスは飛沫感染や接触感染でうつります

「プール熱」という俗称の由来になっている通り海やプールの水を介して目からウイルスが侵入するケースがよく知られています。

でもプールに入っていないからと言って油断は禁物!!

感染している人からの咳やくしゃみによる飛沫感染、タオルやハンカチの共有をきっかけに接触感染する事もあるようです。

周りで流行しているときは気を付けたいですね。

 

☆どうやったらわかるの?

疑わしい症状があれば、医師の判断で検査をおすすめします。

特殊な綿棒で鼻から鼻水を採取し、検査液につけて判定します。(簡単な検査なので小さなお子さまでも安心ですよ)

約15分ほどで結果が出ますので院内の別室でお待ちいただきます。

アデノ

 

☆アデノウイルス感染とわかったら・・・・

安静、水分補給が大切です。(アデノウイルスに効くお薬はありません)

また他の感染症も同様ですが、特に感染力が強いウイルスについては自分の身を守るのと同時に

「人にうつさない」ための気配りも必要です。

普段はうがい手洗いと、人ごみへ行くときはマスクの着用を心がけ

症状がある場合は不要不急の用事ででかけたりしない、タオルなどの共有を避けるなど複合的に対応していくことが望ましいでしょう。

来院された際も、「疑わしい」「他の医療機関でアデノウイルスとすでに診断されている」等の場合は受付にお申し出ください。

 

沖縄が梅雨明けすると関西はいよいよ梅雨入りです。

しばしきれいなアジサイを眺め、楽しい夏に備えたいですね。(橋中)

 

 

医院見学をしていただきました~自分たちの事も見つめなおすチャンス!~

2015年05月15日 10:30 カテゴリ: スタッフブログ

みなさんこんにちわ。

放出駅から徒歩3分、大阪市城東区にある松谷クリニック(耳鼻咽喉科)です。

季節外れの台風にヒヤヒヤしましたが、そんな中、四日市市から医院見学にお越しいただきました。

三重県四日市市にある「足立耳鼻咽喉科」様より

院長先生とスタッフの方が3名も!!

院長先生方の勉強会で意気投合され今回のお話に至ったという事でした。

当日お越しいただいた患者様は「見慣れないスタッフの人がいるな」と思われたことでしょう。

また、先生が二人!!!と若干身構えたちびっこ患者様もおられたようで、あわてて隠れて下さったりしながら

あっという間に時間が過ぎました。

足立耳鼻科様1 足立耳鼻科様2 足立耳鼻科様3

私達スタッフは直接診察をしたり、処置をしたりすることはできません。

それでも毎日「私達にしかできないことはないか」と考えます。

「私が患者様だったらこうしてほしいかもしれない」という感覚をなくさず、お声をかけていくようにしています。

「お待たせしないということ」と、「ここに来てよかったな」とおもっていただけることを

どうやって両立させていくかと日々考えます。まだまだ至らない部分も多いと思いますが・・・・。

 

足立耳鼻咽喉科様のスタッフの方とお話をしていても同じようなことを考えておられる事を知り

「ともに頑張っていきましょう!!」とエールを交わしたのでした。

私達も更に成長していきたいと思います。

 

***

さて、そしてお心使いにいただいたお土産の「坂角 えびせんべい ゆかり」!!

(今回、今更初めて気が付いたのですが「ゆかり」の文字の背景には「縁」という文字が・・・・

そうだったのか!!!)

足立耳鼻科様4

言わずと知れた有名なお菓子ですね。

人生経験の長い(笑)私からすると名古屋方面のお土産の鉄板!!!という印象なのですが

久しぶりにいただくとやっぱり本当においしい!!

あまり口にしたことがなかった若いスタッフも「止まらない」と言っておいしくみんなでいただきました。

では、もし私たちがどこかにお邪魔する事になった時は大阪名物ですと言って何をお持ちするか??

・・・・え?本当に何を持って行きましょうか???

そんなことをふと考えました。

もし「これは失敗ないですよ」というものがあれば是非教えてください。(橋中)

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンなウィークを過ごされましたか?~大人の方はお疲れ様でした~

2015年05月09日 10:22 カテゴリ: スタッフブログ

みなさんこんにちわ。

放出駅から徒歩3分、大阪市城東区にある松谷クリニック(耳鼻咽喉科)です。

ゴールデンウィークが終わりましたが、今回は比較的天候にも恵まれました。

みなさんはどんなところへお出かけになられたでしょうか。

金曜日から通常通りの診察がはじまりました。

少し体調を崩されている方も多いようです。

大人の方もお子さんも楽しかった分連休の疲れが出ておられるのかもしれませんね。

特に小さなお子さんが風邪をひかれた時(もしくはその後)鼻水が長引くようでしたら

早めにお越しになってください。

鼻水に色がついているときは要注意ですよ!!

 

***

さて私は、連休中用事があって遠出をすることができませんでした。

それではあまりにもバイトまで休んで待機してくれていた娘にも申し訳ないという事で

家族会議の結果、最終日に京都へ行ってきました。

六道珍皇寺へ行って5/6まで公開されている中島潔さんという画家の方が描いた「地獄絵図」を見るのが目的でした。

ここは地獄とゆかりのある少し趣の変わったお寺です。

六道珍皇寺(地獄絵図は撮影禁止だったのでお寺のHPなどをご覧になってください)

 

地獄絵図とお寺の成り立ちについてはボランティアの方の解説を聞くことができ、

学校で習っているという娘のうんちくもあってより深くその意味を知ることができましたが

一番びっくりしたことは

この絵を子どもたちが見ることに「残酷すぎる」といって保護者から反対意見がいくつも寄せられたということでした。

何度も時代に沿うように書き直されているその絵の中には「心」という文字があり、仏さんも描いてあります。

悪い事をうまく隠してやったと思っても必ず誰かがみているんだよ、という戒めも込められているそうなのです。

また、間違ったことをしていても自分で気が付き反省をしてやり直せば必ず救いがあるという教えにもなっているそうなのです。

そういうことも含め、しっかり教えてあげる事ができたらいいなあと思いました。

 

そしてこわいこわい閻魔大王様の昼の顔は実はおじぞう様であり、子どもを見守っていたという話。

何事も一面だけからとらえていてはいけませんね。

 

そのあとは「松葉」でにしんそばをいただき、錦市場をひやかして「梅園」というカフェで甘味をいただきました。

梅園松葉

ここの抹茶パンケーキは不思議な食感で、そこにはまり込んだ娘のリクエストでもう3回も訪れています。

京都も大阪もその人それぞれに好みにフィットするお店がたくさんあるので、「ここ!」と人に紹介するのは難しいですが、

もしご興味がありましたらどうぞ!

まだまだdiscover japanは続きます。(橋中)

 

 

 

PAGE TOP

花粉症、中耳炎、外耳炎、蓄膿、アレルギー性鼻炎等のご相談は大阪市 耳鼻科の松谷クリニックへ。

〒536-0021 大阪市城東区諏訪1丁目18-5 TEL/06-6789-3366 FAX/06-6783-4340